Latest Entries

2017/8/13 JBCF仙台クリテリウム + 9/3 JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ

8/13の仙台クリテリウムと9/3のタイムトライアルチャンピオンシップ(渡良瀬TT)にE3クラスタのうめちゅが参戦しました。本人からのレポートが届いてますので掲載します。

■2017年8月13日(日)仙台クリテリウム

(photo by N.Ito)

お盆の帰省を兼ね、地元東北でのレースということで、苦手なクリテリウムでしたが参戦を決めました。

コースレイアウトは、1周1kmを23周回と単調なもので、スプリント勝負となる予想。レースは常に先頭5番手くらいをキープし、途中逃げようとアタックするも決まらず、淡々と周回を重ねて最終周回に突入。

(photo by N.Ito)

最終コーナーに6番手位で入るも、目の前で落車が発生。何とか交わしたものの、そのままスプリントも掛からずズブズブと…結果は15位でした。

■2017年9月3日(日)タイムトライアルチャンピオンシップ

(photo by FABtroni+camera)

昨年は不参加だったタイムトライアルに初参戦。TTバイクもディープホイールも持っていないため、ノーマルなロードバイクにDH バーをぽん付けでの参戦です。コースは1周5kmで直角コーナー1つのド平坦。直角コーナーまではページング大切にし、あとは頑張る(笑)という作戦でした。

(photo by PON)

初のスタート台に戸惑いながらも無難にスタート、直角コーナーまではAve45km/h程度で作戦通り…でしたが、そこからは微妙な向かい風となりタレを発揮。何とか耐えるものの、残り1kmがツラい。

(photo by N.Ito)

最後もDH バーを持ったまま、暫定6位の7分26秒でゴール。最終的には後半に速い人達にパスされ、12位で確定。昇格・入賞圏内まで数秒かつ得意そうな分野だったので、タラレバばかりですが次回に向けて精進しなければと感じたレースでした。

次戦は未定ながら、参戦するなら登りがある南魚沼かなと思っていますので、ぼちぼち練習していきます。最後になりましたが、応援していただいた皆さん、ありがとうございました。
---
いずれももうちょっとで入賞も夢ではない所まで来ていると思います。そこまでの距離が長いのもまた事実ですが。それでもめげずに頑張って!お疲れ様でした。
【メイドさん学科自転車部公式web】


2017/2/19 四国シクロクロス 第10回さぬきシクロクロス善通寺大会+ 2/26 ワイルドネイチャープラザ of 東海シクロクロス +α

今期のシクロクロスシーズンは東の狂ノ宇・西のゲンといった様相で入賞を繰り返していたゲンより、2/19のさぬきシクロクロス善通寺大会・2/26のワールドネイチャープラザof東海シクロクロス、および今期まとめのレポートが届きました。
---
西日本で3月に開催するシクロクロスレースは関東に比べて少なくAJOCCカテゴリレースは2月で打ち止め。総括も兼ねて、振り返り。

【2/19:四国シクロクロス@さぬき善通寺】
前の週に関西シクロクロスの最終戦があったが、四国シクロクロスは関西シクロクロスが運営支援をやっており、参戦メンバーも関西シクロクロスの面子がほとんど。残留チケットや昇格をかけた延長戦さながらの様相となる。

コースは立体的な公園を利用した細かいアップダウンの多いコース。一番低い部分は公道を利用した長い直線となっており、そこから一気に舗装路を駆け上って公園内の不整地で争う。

公園内には乗ってクリアできる登り階段が待っており、距離は短いが斜度はきつく、短時間のトルクに物を言わせるコース。最下部の直線以外はスピードに乗せる場所が殆ど無いため、テクニックとパワーが両方必要となる。

いつもの単独カテゴリと違い、混走スタートかつ別カテゴリ(M1)の後ろからの時間差無しスタート。スタートでM1の集団をパスできればかなり有利と考え、スタート直後の舗装路登りを全開で踏んでいったら、全体の5番手に出ることができた。もちろんC2ではトップ。関西から来ている面子の中では自分が最速という自信があったため、ここから逃げ切りモードに入る…はずだった。

自分と同じカラーのゼッケンを付けた人が猛烈な勢いで登り階段をクリア。一瞬で見えなくなり以降背中を見ることもできず。自分も全開でTTモードに入るが、全く追いつけない。2周目の序盤、もう一人明らかに自分より勢いのある人にパスされる。

これ以降、ゴールまでほぼ一人旅でそのまま3位フィニッシュ。(Jrはカウント外)今シーズン2度目の3位。



昇格できなかった悔しさを胸に賞品のうどんを頂く。美味い…。

【2/26:東海シクロクロス@ワールドネイチャープラザ】

西の砂地獄、ワールドネイチャープラザ。前年度3位に入り1人差で惜しくも昇格を逃したコース(昨年までC2からの昇格枠は2名だった)。

平均順位は確実に上がっているが昇格できないもどかしい立場を終わりにするために、砂は得意…得意なはずと気合い入れて出陣。お台場を走りそこねて砂レースが初めてだったので、楽しくなってちょっと試走をやりすぎた。

華麗なスタートダッシュでホールショットを取り、そのままJr選手と1周目を先頭パックでクリアする。Jr選手はペースが合わなかったので見送り、後続の選手と合流する。砂区間で無理やり乗ろうとするため、降りる選択肢を放棄したり、砂に前輪を取られて転倒を繰り返すなど細かいミスをするうちに前とはぐれてしまう。

(photo by @kikuzo)

(photo by @kikuzo)
スタミナもあっという間に落ちていき、ズルズルとポジションを落としていき、最終的に13位でフィニッシュ。砂を乗ることにこだわりすぎ(あと体力無いのに試走をやりすぎ)、悔しいシーズン終了に…。

今期のAJOCCレースは18戦。うち表彰台:2回(3位*2) 、シングルリザルト率は44%、そしてオマケにAJOCC C2ランキング2位(3/1時点) という残念な名誉を得た。1位はU18の選手なので、「C2昇格できてないランキング1位」と言ってもいいかもしれない(笑)

来年は早々にC1に昇格して、全日本を目標に走れるようにしたい。各地で応援してくださった方々ありがとうございました。
---
というわけで、C2で入賞を繰り返しつつも昇格まで一歩及ばず惜しいシーズンとなりましたが、来期にはきっと!期待してます!お疲れさまでした。
【メイドさん学科自転車部公式web】

2017/3/5 東北シクロクロス第4戦SUGOラウンド+α

3/5に宮城県村田町のスポーツランドSUGO西コースで開催された東北CX最終戦となるSUGOステージに、C3クラスの狂ノ宇が参戦し、3位入賞を果たしました!以下今年度まとめも含めた本人のレポートとなります。
---
3/5、東北シクロ最終戦、SUGOラウンドに単身遠征参戦してきました~。モースポお馴染み菅生サーキット内のカートコースを利用したコースは 重めの芝とアスファルトゾーンを二つのキャンバーエリアが繋ぐパワー系のレイアウト。前日の試走から予習出来て対策もタップリ考えられました。

去る二週前の千葉CXで痛めた肩の件もあり、技術の無さを補う意味でも 通称“忍者返し”の名を冠する一個目のキャンバーは乗車チャレンジと割り切ってフルRUNを決意しレースに臨むことに。

最前列、しかも舗装路スタートという絶好の条件を如何なく発揮し ホールショットを決め、一周目をトップ通過! 忍者返しフルRUNが功を奏し、ミスも少なく後続との差も付いての二周目…でまさかのメカトラ!丘越えの衝撃でブレーキがリムの内側に嵌まってしまい停車リカバリー!ここでかわされ二位に。

(photo by K.Satou)
ジワジワ離され後ろとの攻防に。何でもないところで焦ったのか転倒し、三位に! すぐに追うものの後ろが迫る…三位争いのまま最終周回!抜きつ抜かれつでコース最終盤に二位の選手が二個目のキャンバーで落車、抜いたものの少し道を塞がれていた隙にもう一人に先行を許す。

残りは僅か、見れば一位選手との差も完全に詰まってきていたものの最後の最後、ほんのコンマ数秒足りず三位。悔しくも昇格がすり抜けてしまいました。今回は得意なレイアウトに絶好のスタート位置という千載一遇の好機を逃してしまい、まだまだ精進が足りません。

(photo by K.Satou)



以前より”こっちゃ来て遊んでけ~”とのお誘いを頂いていたシクロクロス。今季(の途中)から参戦し、すっかり魅了されてドップリ嵌ってしまいました。というわけで、今シーズン総括です。

12/18 GPmistral吉見(非AJOCC)・ 60分クラス/6位・40分クラス/4位・20分クラス/4位
1/8 千葉CX C4-3 クラス/2位(昇格)
1/15 清里CX C3クラス/3位
1/22 前橋CX DNS(インフルエンザにて欠場)
2/4 湘南CX 中井公園 C3クラス/6位
2/19 千葉CX 第二戦 DNF(落車リタイア)
2/26 茨城CX 土浦 C3クラス/46位
3/5 東北CX SUGO C3クラス/3位
3/12 茨城CX 城里 C3クラス/20位

シーズン途中でもあり、特に幕張や野辺山、宇都宮やお台場などの大きなイベントレースに参加できなかったのが心残り…C2への昇格と併せて、来期はこれらの出場をモチベーションにしていきたい所存です。是非、会場で応援 または我こそは!と思った新規参戦の部員をお待ちしています!


というわけで、CXデビューしていきなり入賞を続ける見事な成績でした。来年度も非常に期待してます!お疲れ様でした。
【メイドさん学科自転車部公式web】

2017年実業団登録選手の紹介だっ!

Maidservant Subjectメンバーとして2016年を戦う実業団選手の紹介コーナーです。今季は継続4名の選手となります。

【E2クラスタ】
もとぶー (岩田 達也)


紅桜 (徳王丸 雄貴)


【E3クラスタ】
さときゅん (佐藤 直樹)


うめちゅ (梅津 亮)


今年度も応援宜しくお願いします!
【メイドさん学科自転車部公式web】

2017/1/15 関西シクロクロス第9戦 堺レース + 清里萌木の村 シクロクロスミーティング

1/15に大阪府堺市では関西シクロシリーズの堺レースが、山梨県北杜市では信州クロスの清里萌木の村シクロクロスミーティングが開催され、堺にのC2カテゴリにゲン、清里のC3に狂の宇が参戦。ともに3位入賞を果たしました!

まずはゲンによるレポートです。

(photo by Hidetoshi Matsuoka)

希望が丘の悪夢が蘇る記録的大寒波が襲うという予報のもと、出来る限りの準備をして雪の積もる自宅を出発。最初からスキーウェアでモッコモコの装備、靴カイロも入れてレース前の防寒は万全…。

前日設営組の「超強風」という報告も日曜はそこまでひどくなく、まぁまぁなんとかなるレベルの風だったので、コースを一周して砂区間のラインをじっくり観察することに。砂区間の部分はほぼフラットで、スピードを落とさないコーナーワークが求められるコース。関東だと湘南開成がほぼピッタリのイメージ。

この日のC1はエリートとU23日本チャンピオンと竹之内悠がエントリーしていたので、勉強にはもってこいだった。最速ラインを観察して自分のスタートラインに立つ。

C2のスタートは1名欠席のおかげで1列目。スタートで5番手に付けられたので序盤のガチャガチャを活かしてパックのトップへ。
神戸大のミスターセカンドさん(仮称)が早々に抜け出して2位の自分がそれを追う展開。

ド平坦の堺では、地脚の差がモロに出るのでじわじわ差が開いていく。追ってきた3番手も地脚が強く、一気に詰められるがCX慣れしていないのかミスが多いので、途中追い抜かれても終盤まで2番手を維持することに成功。

(photo by Hidetoshi Matsuoka)

残り2周で前に立たれたので直線で必死に食らいつき、少ないテクニカル区間でも引き離されないよう高速コーナーはラインをトレース、それ以外は最短ラインを選んで5秒以上離されないようにする。数周の観察で、砂区間で自分に分があることがわかっていたので最後の砂区間で一気に挽回する算段。

計画通りの時間差で砂区間に入るも、最終周回だけ前の2番手が降りて猛ダッシュ!!!!その手があったかと膝を打ちながらそこから死ぬ気で踏むも、地脚の差は挽回できず。テクニカルなコースなら追撃を押さえ込める気がするので、次はがんばるぞい。

(photo by @to_broad)
Text from 幻想サイクル

そして狂ノ宇によるレポートです。

(photo by Moeginomura CCF offical)

よりにもよって大カンパ…もとい大寒波に見舞われた1/15信州シクロRd.9清里ステージに単身参戦してまいりました!

正直、いつぞやの雪害級を危惧しつつ向かった山梨清里の萌木の村。肩透かしを喰う雪の少なさに胸を撫でおろすも…外気温は-9度!!! 九州出身としては過去最低気温かも?  標高も高く、キンと澄んだ冷気に喉を刺されながら歩き試走。初体験の高低差と難エリアの連続…雪深くないとはいえ、場所によっては足首くらいはあるか…。

準備を済ませ、オープンすぐから試走に飛び出すが なんと普通に走らせる事が難しいんだ(驚)。一番の難所の墜落崖では都合3回スッ転び(内1回は大前転)試走だけで6回の転倒に戦々恐々…と、難しいが故にクリアに夢中になりすぎてしまい、1時間も走り通してしまいすっかり冷え冷え…車内でガタガタ震えながら解凍…濡れたウェアを替えて身体を拭いて暖をとっていたらもう時間ががが…思えば時間を置いてウォームUP出来なかったのは良くなかった。

スタート30秒前まで上着を我慢してのC3レース。スタート場所が登り坂&煉瓦敷+凍結、加えてほぼ最後列という条件ながら速攻で3人カワすものの、すぐに抜きどころのない林ゾーンに凸。インフィールドに出たところで、先行はさほど離れていかないペースなので落ち着きながら一人、また一人とパス。先頭2人が少し抜け出す中、徐々に近づいていたので「よし!一気に!」と欲を出したのが仇に。一時TOPに出るも小ミスが連発、すっかり抜き返されて離される(泣)

3周を終えた段階で残周回ボード表示店見ると『4』。 「…え? 全部で4周じゃなくて残り4周???」と軽く絶望。 ぶっちゃけこの時点でヘロヘロ。集中力もブツ切りで油断すると転倒…というガマンのレース。1人抜かれ、ペースを持ち直す。するとその後、前から先行のうちの1人がメカトラか落車影響で落ちてきてこれをパス。

やっとの最終周、タレながらも我慢比べ続行中!後続は安全圏に離れてるのを確認し 最後の墜落崖をクリア、ここで気が抜けてしまったのか飛び乗り後すぐの段差に後輪を激しくヒット!シューーーとパンク!そして急坂!もひとつ階段を上がり、乗車!これがトドメとなり”バシュッ”と一気抜け!ゴールまではこれまた登り坂!(涙)。相当なペースダウンだったようでフィニッシュライン手前で後ろの選手が猛然の追い上げ! 最後はスプリントでなんとか死守しゴール。

(photo by @beyan88)

結果は昇格はならずの3位…今回も狙っていただけにガッカリな一方、連戦表彰台には手応えもありました。 自戦は1/22前橋CXです。次こそ昇格を!!!

(photo by Moeginomura CCF offical)

それぞれ3位入賞おめでとうございます!と同時に昇格まであと一歩!この勢いに乗って次こそ頑張って上がって下さい!お疲れ様でした。
【メイドさん学科自転車部公式web】

Appendix

プロフィール

maidss_service

Author:maidss_service
メイドさん学科自転車部の参戦日誌です。特に実業団チームMaidservant Subjectのレース結果などを記しています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR